風俗で覚悟を決める

仕事を頑張れるのも風俗があるからです

仕事は好きではありませんし、面倒だなという気持ちがとっても強いんですけど、それでも自分なりに頑張ているのはお金のためとしか言えないですよね(苦笑)でもこれ、おそらく多くの人にとって同じ気持ちなんじゃないですかね。やり甲斐とかじゃなくて生活のためそのものです。そのために頑張っているんですよね。そんな自分の最大のご褒美。それは風俗です。働いたお金で風俗で遊ぶ。そのために頑張れていると言っても決して大袈裟ではありませんし、そのために自分も一生懸命頑張っているんです。むしろそれくらい、自分なりに頑張らなければ意味がないんじゃないのかなって思うんですよ。だから風俗で遊ぶ時には遊ぶ時そのものだけじゃなく、ホームページを見ているだけでワクワクしてくる自分がいるんですよ。今回はどういったテーマで楽しもうかなとか、何をしようとかいろんなことを考えられるじゃないですか。それだけに、風俗では自分なりにいろんなことを楽しめればそれで良いのかなって思っています。

スキンシップは力を入れない

風俗嬢とのコミュニケーションで有効なのがスキンシップです。スキンシップは今の時代、日常生活の中では異性にはご法度と言っても良いものですよね(苦笑)軽くちょっとポンポンとか触ろうものなら、一気にセクハラ案件そのものですよ。それがです。風俗ではスキンシップだって問題ないんですけど、軽いスキンシップにしておいた方が良いと思いますよ。なぜなら、スキンシップが目的ではないじゃないですか。スキンシップはあくまでも距離感を縮めるためのものであって、決して目的そのものではないんです。それなら敢えて距離感を縮めるようなことをするのではなく、あくまでもスキンシップはスキンシップという位置付けで、それ以上に触りたい部分があるならその後のプレイで触れば十分なんじゃないかなって思いますけどね(笑)むしろそうして楽しむことこそが、風俗ではとっても重要なことなんじゃないかなって思うので、スキンシップは控え目くらいが丁度良いですよ。